Home

毎度ごぶさたしております

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

i wish YOUR health is better truly everyday and wish it to be more better always too.


cruelGodsSorry.jpg



身近に居る人や大切な人、お世話になった人が健康で、いやなにも、何不自由なく一切の病気も知らず、すこぶる健康でなけりゃ厭だ、我慢ならんということでは、決してないのだけれども少なくとも、日常生活を営むための最低限の、例えば目を覚まして起き上がって、立ち上がって伸び上がって、「ああよく眠った眼が覚めた」と微笑むくらいな、日々の営みをつつがなく過ごせるほどの健康を、そうした人たちが特段気に留めることなく享受していてくれるなら、毎日を心安らかに過ごせるのだけれど。本当に。

だから神様というのは本当に、とびきりやさしくて、とびきり残酷なことなのだなとつくづく思うのだ。
本当に、なんということなのだ、本当に。本当に。

結局は、そうした中ででき得ることは、その時々のふさわしいと思えるものごとを行うほか、人にはそのほかないのだろうな。
ああ、なんということだ。ああもう全く。全く。

願わくば、そのようにものごとが執り行われることを。
又その行いと営みに、僅かばかりかも分からないけれども、幾許かの救けと成るのであれば、それがある意味自らの慰めにも成りうるのか、というか。
ああ、本当に、なんということだ。


そのように願う次第。
で、ある。のか。

本当にそうなのか?


















そのように。


vague


IMG_0796.jpg

ちょうど、昨年の7月頃だったか。

出先で一息つこうと、都内の公園の木陰に腰をおろした。
その日は陽射しが強かったけれど、木陰にいるとそれなりに過ごしやすい案配で。
通りのざわめきや、すぐ横の喫煙スペースに集まってモクモクと煙を燻らす話し声と、セミの鳴き声と。
なんとものんびりしたほのぼのとした雰囲気で、なんとはなしに、スマートフォンでこの写真を撮っていた。

それでなんというか唐突に、「戦前」というのはこういう感じだったのかなあと、ぼんやり考えた。
なんでかしらんが。

ことさら口に出さないものの誰しもが、多かれ少なかれなにかしら、なんとも言い難い漠然としたものごとを感じとっているのではなかろうか。じんわりとした現実感をともなって。

どうなのだろう?

この頃ときどき、そんなことを考えている。




In a boookshelf

ある本棚の中で

久々に展示のお知らせ。
来週の6月25日から7月20日まで、高瀬きぼりおさんが企画したグループ展に参加します。

ある本棚の中で

【会期】
2014年6月25日(水)〜7月20日(日)

【会場】
古本酒場コクテイル・高円寺 http://koenji-cocktail.com/
東京都杉並区高円寺北3-8-13
営業時間:18:00-24:00(L.O. 23:30) 定休日:火曜、第2・4月曜
※お店は夜間のみの営業となります。ご注意ください。

【出品作家】
小泉さよ
http://www.sayokoizumi.com/
http://coisac.tumblr.com/
http://sayokoizumi.tumblr.com/

高瀬きぼりお
http://kiborio.com/

吉野章
http://355713971.com/


会場となる古本酒場コクテイルは、古本屋のように本に囲まれながらお酒や料理をたのしめるお店です。店内にはたくさん本が並んでいて、各々の作品をまぎれこませて、本のように作品を取り出してたのしむ。
今回の展示はそんな企画です。
たくさんの本の中からそれぞれの作家の作品を探してみてください。

7月6日と最終日(7月20日)は作家全員がお店に居る予定。その他の日は不定期です。

お時間ございましたらぜひ。
どうぞ宜しくお願い致します。

new year greeting


newyear2014-(c)yoshinoakira


みなさま毎度ごぶさたしております。

昨年は手をつけつつも完遂に至らないことがしばしば。
今年は昨年よりも少し余裕を持てそう。なにかできればと思いますが。
さてさて。

とまれみなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


behavior


6月にアントニオ・ロペス展を訪ねた。
心地よく、とてもたのしい作品展だった。
感動でも、感銘でも、感嘆でもなく、ただただ、たのしい展示だった。

どうしてそんな風に感じたのか。
こんな風に記すと誤解を招くのかもしれないが、それは多分、ロペスが「作品」をつくろうとしていないからではなかろうか。

恐らく、ロペスはただ単純に、目の前のすがたを描くのがおもしろくて仕方が無いのではないか。
目の前の対象を発見し、驚き、興奮する、その一瞬一瞬を、たとえそれが困難で不可能なことであっても、画面に落とし込んでゆく。それが単純におもしろく、楽しいのだろう。
少しでも自分の感じているすがたに近づけていく行為、その試みがたまらないのだろう。

細い線で描かれた建築現場の足場。
通りの向いのビルに落ちた看板の影。
タッチの中に穿たれた対象物の座標と目盛り。

それらを、限られた時間の間に少しずつ、画面の上でなぞりながらかたちにしてゆく。
そうした単純な衝動と行為の繰り返しが、よろこびと共に顕われているのが、あの画面なのではなかろうか。
私にはそう思えた。

それはジャコメッティのドローイングにも同じことを感じている。
ジャコメッティのモデルを勤めた矢内原伊作によると、彼のドローイングは苦悩と後悔と挑戦の連続で、時には「これは不可能だ!」と絶望につつまれることがしばしばだったという。

にも関わらず、ジャコメッティの仕事は休むこと無く続けられた。それはなぜか。
ジャコメッティは常に描く対象に顕われるかたちとすがたに打ちのめされながらも、その驚きと感動を追求できるよろこびに満たされていたからなのだろう。
私はそう思っている。

だから私は、それが楽しくて仕方がない。





Exhibition of Kiborio VS Fuka


昨日の仕事帰りに、高瀬きぼりおとふーかさんの、3日間だけの展示を訪ねた。
今回、高瀬きぼりおは珍しく、自画像のみを出していた。
その顔のほとんどは、額から上の、頭の部分が画面から飛び出して隠れている。

「最近あまり考えずに、そのまま描くようにしている」と、高瀬きぼりおは言った。
そうして言葉に顕われた感覚が、知らずと画面の顔から頭を削り取ったのだろうか。
突き抜けた頭の先が画面のまわりとつながり、とけこんでゆく。
けれどもつながる先にある表情は虚ろなような虚ろでないような空気がぽっかりとふくらんでいる。
もしくは切り離された「思考」が、切り離されることで、却って画面の周囲を包み込んでいるのかもしれない。

いずれにしろ、なにかしらざっくりとした潔さを感じる画面だった。
それがおもしろく心地よかった。





高瀬きぼりおの家で


5月の半ばに、私は高瀬きぼりおの家を訪ねた。
彼の絵のモデルをするためだ。

モデルの間、何をしていても構わないと彼は言った。
私はそれを真に受けて、ふるまわれるままにビールとワインを飲み、彼や彼の妻君と面白おかしく話しながらその時間を過ごした。振り返ってみると、一般的なモデルとしては不真面目極まりない。

ところが、高瀬きぼりおは数点の手慣らしの後、瞬く間に私のすがたをキャンバス上に描きあげた。
その画面には私の知らない私がいた。
このように綴るのも少し恥ずかしい感じもあるが、何しろその画面には存分に描き上げたよろこびと同時に、冷たく澄んだ空気の中に「私」の「某か」が映しとられていた。

私はモデルとして映しとられながら、彼らと色々な話をした。
描くこと、対象とのこと、記号のこと。

高瀬きぼりおは言葉と哲学を考える。

妻君のしまやみさこは文字のすがたを考える。
しまやみさこはグラフィックデザイナーで、紙と文字とイラストレーションを、とても美しくデザインする。

ふたりは別々の感じ方をしているようでありながら、同じ事柄について考えているのかもしれない。
同じ事柄について考えているようで、関わり方は異なる。
異なるようで近い。それがおもしろい。

その時の会話は随分長い時間になったのだが、なにかの形にできればと考えている。
気長に。



Takase Kiborio
http://www.kiborio.com/


Shimaya Misako
http://www.misakoshimaya.com/

Home


Search

Feeds
  • Recent Entries
  • Recent Comments
  • Recent Trackbacks

  • Setting


    無料blog

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。