Home > 2008年11月

2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

On The Ground


081128.jpg



毎度ごぶさたしております。
みなさまお元気でしょうか?

さて、早いもので日本に戻ってから今日で丁度2週間。当面の仕事、といってもパートタイムのアルバイトなんですが、もどうにか決まりそうな案配。
本業の方もぼちぼちどうにかしたいところです。

ところで、この頃いくらか友人に会う機会を作ってもらえましたが、その際に撮った写真を見たいというお話もありましたので、Facebook にアップしている写真のリンクをざっくり貼ってみました。半分くらい?でしょうか。続きはその内またアップします。


On The Ground #1
On The Ground #2
On The Ground #3
On The Ground #4
On The Ground #5
On The Ground #6
On The Ground #7
On The Ground #8
On The Ground #9
On The Ground #10
On The Ground #11
On The Ground #12
On The Ground #13


こちらは Greenwich Village にある Le Poisson Rouge というライブハウスで見たイベントの写真。元 múm のでアイスランド出身の Kristín Anna Valtýsdóttir のソロプロジェクト Kría Brekkan が出演するということで行ってみました。他にもイロイロ出ておりまして、先日どこかにリンクを貼った Adventure もこの時見つけた次第。掘り出し物もあって面白かったです。結局一度しか行けませんでしたが、こちら結構コアなバンドのプレイが多いみたいでもっと行きたかったですね。

"The Car Park" at Le Poisson Rouge NY


Facebook は容量制限もありませんから、この点 mixi よりも使いやすいんですけれど、いかんせん SNS ということもありリンクを貼りづらいのが難点。もうちょい落ち着いたら Flicker
か何かに移そうかと考えていますがさしあたりということで。

そんな感じ。





I've already arrived and stayed in Japan for a few days.


DSCN7735.jpg


毎度みなさまお元気でしょうか?
今回のフライトは天候の関係で4時間遅れたり、空港の手違いでスーツケースのひとつが積まれてなかったり、お酒は有料だったり色々ありましたが、どうにか無事に戻ってまいりました。
ああ、お酒は別にいいですか、そうですね。はい。
とまれ、お疲れ自分。

16日の夜に日本に戻ってから先日まで埼玉の実家におりましたが、昨日自分の部屋に帰還。
出国前に実家に運び込んだ荷物などもありましたのでレンタカーを使いました。
日本はみんなゆっくり走っているので安心ですね。

信号守るし。何よりも。

当初の予定では今ごろアメリカ国内をまわるつもりでしたけど、予定を変更。
観光はまたの機会として、せっかく予定が早くなったんですから、仕事の準備もしなくては。
今週は荷物を整理したり、諸々の手続きなどで過ごしてしまいそう。
このブログのタイムゾーンも直さないとね。
メールの返事も出さないといけません。いかん、いかん。

とりあえずそんな案配でやってますが、近々みなさん一杯やりましょう(笑。
ひとまずお知らせまでの更新でした。

そんな感じ。





I'm going home but...


InTheMorning01.jpg


毎度ごぶさたしております。
みなさまお元気でしょうか?

ただいまJFK空港でこの記事を書いています。
はい、これから帰国するのです。
ただいまゲートの前で待っているのですが、窓の外は大雨で、地面の大きな水たまりが川面のようにウネウネとうごめいています。もしかするとちょっと遅れるかもしれません。

書いているといっても、空港の Wi-Hi は有料でつながりませんから、実際にアップするのは帰国してからになるでしょう。




先程まで「ほぼ」英語だけの生活だったのですけれど、呼び出しのアナウンスが日本語で聞こえたとたん、妙な居心地の気持ちの悪さを感じます。う~ん。
やはり、普段の会話で出て来る日本語と、オフィシャルなアナウンスとでは印象の重さといいますか、強さといいますか、ゲンナリするような違和感といいますか。
なんとなくシュワシュワとしぼんでゆく風船ような心持ちです。

少し込み入った話になると、まだまだおぼつかないものの、自分で感じているよりも存外英語の生活に慣れていたのかもしれません。う~ん。


さて、半年間、といっても実質は20週間ですから、半年にも満たなかったのですけれど、ともかく、あっという間の毎日でした。やっぱり。

行く前と今とで、何か変わったかと言われればあまり良く分からないとお答えいたしましょう。ええ。
むしろどうでも良いといいますか、その辺りをあまり気にしても仕方がない気がします。

行く前に、これはやろうと考えていたことの半分くらいしかできなかったかもしれません。
そのかわり、着くまでに考えていなかったことが起こったりできたような気がします。


先程、今度は英語でアナウンスがありまして、やはり少し到着が遅れているようです。
後ろの席から聞こえる日本人同士の会話が、やけにすんなり耳に入ってくるのでちょっと薄気味悪いような。

正直に言えば、あんまり帰りたくないなあというのが本音であります。
期間をきっちりくぎったために、環境を整えられなかったものですから、制作のために日本に帰りたい!とは思いましたが、不思議なことにそれを除くとこれっぽちも帰りたいと思いませんでした。
こんな風に感じるようになるとは予想外の展開です。う~ん。
確かに New York は困ったことがたくさんありますが、すてきな場所でした。
色々と小さなトラブルはありつつも、愛すべき人々だったといいますか。
そんな案配です。

とまれ、来年やりたいことや、やらないといけないことが日本にいくつかありますから、まあ良しとして。帰った後は色々と色々やらないといけないようなそうでもないような。
むしろ帰ってからの方が変化が大きいのかも分かりませんから、おかしなものです。



たくさん書き残したこともありますから、その辺りのことを2、3つけくわえつつ、日々のことを織り交ぜながら、このブログはこのまま続けてゆくことにします。
などと、なにやらクニャクニャと言葉を捏ねくりまわしている案配ですが、ひとまずいっちょやってみましょう。


それでは皆さん、近々お目にかかりましょう。

そんな感じ。


As soon as


DSCN7201.jpg


今週に入って一段と冷え込みが厳しくなりました。
指先にチリチリとした冷たい空気を感じるこの頃、みなさまいかがお過ごしでしょう?

Central Park が近いこともあり、先日、散歩がてら紅葉の写真を撮りにゆきました。
先週の雨で散ってしまわないか心配でしたが、どうやら丁度良かったようです。

こちらにも四季がありますが、不思議なことに日本とは少し見え方が違うように感じます。
空気のせいでしょうか?
光線がはっきりしているくせに、どこか静かな柔らかさを持っていて、本当に絵画のような景色を毎日見ています。

朝、昼、夕方、夜と、時間によって異なる表情を見せる街の景色を見ているだけで、充分楽しめるといいますか。
ことによると、美術館やギャラリーに行くよりも、目の前の光景の方がずっと素敵かもしれません。
そんなことを考えながらブラブラと歩いています。

そうこうしているうちに、時間も迫ってまいりました。
今週末にこちらを経って、日本に戻ります。

書き残したことがたくさんありますが、それはまたおっつけ続けたいと思います。
う~ん、筆が遅いのには困ったものです。
ひとまずそんなところで。

そんな感じ。

Are you sure ? .............Yes We Can...


DSCN6500.jpg



少々どんよりとした曇り空でしたが、今日は1日中あたたかいお天気でした。
先日、あまりの寒さに耐えきれずに購入した上着では汗ばむくらいの陽気です。
困ったものですね。

とまれ、毎度みなさまお元気でしょうか?


さて、大変なことになりました。
今日という日はこの国が本当の意味で「普通の国」になるための、特別な日だったと思います。勝利宣言で印象的だったのは、人々の喜びあふれる表情とは対照的な、彼の厳しい表情でしょうか。

今日の結果はただトップが変わったというだけではないようです。
トップどころか、議会までも上下ともに圧倒的な多数派を占めることになりました。
極端に言えば、完全な一党独裁状態です。つまり、彼はあらゆる意味で完璧な力と後ろ盾を得たのでした。
少々背中がヒンヤリとするような、そんな心持ちです。


時折、おもてから歓声が聞こえてきます。
それほど大きな歓びにあふれた日なのでしょうけれど、どうしたわけか、数年前の日本の選挙を思い出しました。


彼に投票した食堂の職員が言いました。
「あいつに入れたよ。もうひとりの方は歳が行き過ぎてるからね」


これからの数年、少なくとも来年は、良いことも悪いことも、たくさんのことが起こるでしょう。
ことによるとひどくなったと感じることの方が多いかも分かりません。
ことによらず、きっとそうなるような気がしなくもなくはありません。
なんでしょうか(笑。
けれども、変化とはそういうもののように思います。


とまれ。
できることをなるたけしっかりやっていくより、仕方ないようななくないようなそんなような。そのような案配なのでした。



そんな感じ。



Halloween


今日は文化の日で3連休ですね。日本の学校は文化祭シーズンでしょうか。
毎度みなさまお元気でしょうか?


さて、先週末は Halloween でした。
学校のパーティーもあったので一応僕も仮装しましたよ。
せっかくなのでお面を作ってみました。



mycostume0102.jpg



はい、 なまはげ です。
いえ、なまはげってどこか Halloween っぽいじゃないですか。
日本人の留学生は一目で分かってくれたので、良かったです。意外と他の国の人にも好評でした(笑。
ちなみに写真は目のところを加工してますが、実際はくりぬかれてますからあしからず。
このお面、その日に学校が終わるクラスメートに記念ということであげてしまいました。
いえ、持って帰るとかさばるし……。
体よく押し付けてしまったような案配ですが、まあ喜んでくれたので良かったのでしょう。
多分。きっと。


Halloween は今回の滞在で楽しみにしていた行事のひとつなのですけれど、思っていた以上に楽しいお祭りでした。

この日は祝日なわけではありませんが、なぜか街の空気も穏やかな感じで、何というかお正月の日本のような雰囲気。いつも通りの喧噪も、少し静かな感じに聞こえます。
そして街の中を当たり前のように仮装をした人たちが歩いていました。それが本当におかしくなくて、自然に受け入れられるんですから、かえっておかしなものです。
けれどもなんとも心地良く、こちらも楽しくなってくるのでした。

「New York は Halloween から新年にかけてが一番いい時期だ。不思議と気持ちが落ち着いて、街の雰囲気も穏やかになるよ。」

先月学校を退職し、ドイツに行ってしまった先生が、以前そんなことを話してくれましたが、本当にその通りでした。


31日はパレードもありました。それはもう大変な人混みで、身動きができなくなるほどだったのですけれど、凝った衣装の人ばかりで本当に楽しいパレードでした。

Facebook にその時の写真をアップしています。下のリンクから見に行けますので、良かったらひとつ。ちなみに携帯からは未検証です。すみません。う~ん……。

Helloween #1
Helloween #2
Helloween #3


これから New York も一番いい時期を迎えます。
写真もたくさんとらなけりゃ。

そんな感じ。




Home > 2008年11月


Search

Feeds
  • Recent Entries
  • Recent Comments
  • Recent Trackbacks

  • Setting


    無料blog

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。