Home > 2010年01月

2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

haven't done it for a long time.


DSCN6604.jpg


必要なものをそろえに秋葉原へ。
ぼちぼちあたりもつけはじめたいので、作品のための材料も下見がてらのぞいてみる。

小さなモニタがほしい。
できればカラーのブラウン管がよろし。

ラジオ会館にはじめて入った。
ラジオなのにプラモ屋ばかり。

せっかくなのでのぞいてみる。
何十年かぶり。
ロボットもつくったけれど、飛行機も良くつくった。


久しぶりに、ちょっとつくりたくなりました。
とさ。







lika a doodle.


たんにアップロード後の処理が終わってなかっただけのよう。
さっき聴いたら全部あがっているような。
環境にもよるのか。

まあこれでいいや。

たまにつくってアップします。
つくるといっても、まあ、落書きみたいなものです。


すみません。









haphazard "ongen Jun. 30th 2010 " (a part of the stuff)



容量の関係で最初の部分しかあげられなかった。

さきっちょだけ。
音質もトロトロ。

ここでは全部あげられないんだろか。
いいか、でたらめだし。


ongen_Jun30th2010.mp3





what reasons do you have to do it for ?


~全集がでるまでにもいろんな書物を、單行本で出ましたものは買い求めまして、そういうものを讀んでおったんでありますが、學問をする上に、單に學問をしたいからする、というようなことではなくて、學問をせざるを得ないというような、そういうその人自身にとっての内部衝迫的な、内から突き出てくるというようなものが、それぞれの研究者の中にはある、ということを感じるようになりました。そういうものを受け取りたい、そういう氣持ちで全集を時々出して、いろいろ眺めてみる、というようなことをしたのであります。~

白川 静 講演「京都の支那學と私」より

引用元
立命館大学 中国文学専攻 白川静の世界 
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/lt/cl/shirakwa/index.htm




a littele bit



ほんの少し、たちどまって考えています。



Outline PDF


印刷通販運営日誌
フォントを強制的にアウトライン化する方法


アウトラインPDFはこうやってつくるのか。
なるほど。


少し問題もあるようだけど、さしあたり大丈夫そうだからこれでやろう。
まだ全然、終わってないけどね……。








oops...


ふぅ。今週はなんだか。

とまれ、うまくまとまるといいけれど。




yummy :)


銀座2丁目の昭和通りから入ってすぐ角のところに「みちのくそば」という立喰いそば屋がありまして。
昔そちらの天丼セットが割と気に入っていてよく食べたのです。
それで久しぶりに食べてみたら、当時と同じでやっぱり存外悪くないなあと思うのでした。

とりたてて言うほどでもないのでしょうけど、そばとおつゆがちょっぴり苦くて甘辛く、なんだか妙に「旨い」のです。なんだか。


もうひとつ、シネパトスから5丁目に入ったすぐ側に「はやし」だったかどうだったか、そんな名前の立喰いそば屋がありまして。
そばもおつゆも不思議なくらい上品で。甘みがあって「美味しい」のです。
すぐ腹が減りそうな、ソフィスケートな案配なのです。立喰いなのに。
そのくせ素朴でつっけんどんで、それがなかなか良いのです。

それでやっぱり安かったから、どうして結構良かったなあ。

だけどそちらはもうなくなっているのです。



そばの旨味は苦みと甘み。
それでもう素朴で安っぽくて全然かまわないんだよう。


とかなんとか言ってみまし

た:)
















somebody 20090205


somebody20090205.jpg



pencil on paper (foundation / Chinese ink and Crystal Varnish)




flower



覚えてる?

ひとつ前の冬の

はじまりと

交わした言葉たち



from a part of lyrics of "flower"






wanna do..........


木工したい。

切って削って色塗って磨きたい。
ふさわしくないと言われた床用ワックス塗りたくって磨きたい。
結構存外、いい感じないい感じになるからさ。
だからそれで充分だしさ。
それでだからそんな感じで擦り込んで磨きたい。



それでそれからニヤニヤしたい。



ニヤニヤしたい。










got an email


DSCN3549.jpg


しまった。恵比寿の展示は先週までだった。
行きそびれてしまってすみません。

先週は家でダラリとやっていた。
やっぱり外でやる方がはかどる。

スターバックスは にゅーよーく にいるみたいでいいです。
でもコーヒーはちょっと薄いです。

朝は ベーグル と クリームチーズ と ぱいくぷれーすろーすと というコーヒー に決めていて、それで5ドルもしなかった。
そのコーヒーがやたら濃くて、トーストしたベーグルにクリームチーズをつけると妙に旨かったのです。

で、その日の授業の予習とかやってました。
懐かしいですね。


それでちょうど、その頃の日本人の知り合いからメールをもらって、ちょっと思い出したりして。


います。






that day and this day


DSCN9944.jpg



1日遅れ。
もう15年なんですね。


昨日は地元の喫茶店でノートブックをパチパチ。
良い喫茶店なのだけど、勘弁してくれと、2時間で追い出されてしまった。
また行くから勘弁してくれ :)

写真は新宿の別の店。
たまに外でやります。
増えてきました。外が。


あの頃こうしてるとは思いもよらず。
Mac なぞついぞさわったこともなし。へえ。

だから15年後のこともまるで考えずにいよう。



と、思った。


つつしんで。





so nice....


吉田隆一
myspace > http://www.myspace.com/hidoirecords


ああ、なんか、ミニマルでライヒメルテンスな感じでいいなあ。


かっこいいなあ。




talk about a relation between a memmory and a record


DSCN9949.jpg



信じるということよりも、覚えているということの方が大切なんではなかろうか。
という話をした。

けれど言葉が足らなかったかもしれなかった。

むしろ信じるということは、覚えているということなのかもしれないと、そんな風に思うことがあります。


そして近頃、世界は変わってゆくというのが本来の、自然なすがたなのかもしらんと思うのです。
それでだから、むしろ記録し保存するということこそが不自然で、わがままなのかも分からない。

それだからこそ、記録し保存することは、わたしたちにとってとても大切なことかもしれません。


と、そう思うのです。






got new one for backup


backup.jpg


常時保管用の外付けハードディスクがひん死状態。
仕方がないので新調しました。

1テラバイト。

つまり1,000ギガバイト。
すなわち1,000,000メガバイトであるからして、フロッピーディスクおよそ72万枚分ということでございます。
すごいなあ。

今度はネットワークハードディスクなので簡易サーバのような扱い。
Time Machine 用とは別に、付属のソフトでバックアップをつくってます。
マニュアルを読んでもパーテーションの作り方が分からないので、めんどくさいからそのままぶちこみ中。

ちなみにこれが一番安かったのです。
容量がひん死のヤツの4倍で、価格は3分の1とは。
同じ LACIE なのになあ。

ありがたいことなのですが、なにか腑に落ちない気もするのです。
少しだけですけどね :)




instructions


DSCN9955.jpg


寒いですね。
古いアパート、といっても80年代くらいのものなのでしょうけれど、朝は良く冷えます。

「20年前のお値段です」

物干竿屋のうたい文句も、考えてみれば90年代のことになりますから、存外当時の方が高いんではなかろうかとか、ぼんやり思い浮かべつつ。


お知らせ。
ウチの電話は実家で使わなくなったものをもらってきて随分になります。
やたらに丈夫なものですから、そのまま使っているのです。

ちょっと手が離せないときに間に合わず、電話にでれないことがありますが、ご覧のようにナンバーディスプレイがありませんので、折り返しこちらからお電話はできません。
不在のときは留守電にご伝言をいただけると助かります。

どうぞよろしくおねがいします。









i do not care myself & mymind


DSCN9952.jpg


先日のこと。
外から何やら威勢の良い声が聞こえるなあと思っていると、いつのまにやらそれが拍手と歓声まじりになったものですから、さてこれはなんだろうかとおもてに出てみるとご覧のようなありさまで。
それで結局のところ、気がついた時にはもうそれは通り過ぎているというような案配。

TOO LATE !


それで郵便受けをのぞいてみると、出したはずの年賀状が今ごろ戻ってきておりまして。
それは確かにあたらしい住所を留めわすれた自分がいけないのですけれど、随分遠回りをしてから今ごろになって戻ってくるのであれば、やっぱり郵便番号は所定の位置にきちんと置くのが肝要なんだろうなと、あらためて感じ入る案配。

ALTHOUGH TOO LATE !



それでこれがまるでつながらないのは分かっているんですが、それでも決して投げやりな意味合いというのではなくてですね。
なんだかもうなんでもいいからなんでもいい感じになんでもかんでももってゆけるようにしたいなあと、そんなことを思いはじめています。




まあ、いいや :)









talk something to ...


mamehico.jpg



はじめてガレットを食べました。
思いのほかおいしかったです。
なぜか コーヒーのこと はあまり覚えてません。
けれどガレットはおいしかったです。
おなかがすいていたんです。



特にMくん、ずいぶん元気そうで何よりでした。
見せてもらった作品は、もちろん以前よりずいぶんうまくなっているけれど、持ち味は君の絵が君らしかった頃そのままで、とても君らしい画面だと思う。

何より君のは色が良い。

それでたぶん君にはむかしから風景や静物が合っていて、それにあの作品の情景も絵画でしかできないことだし、充分アブストラクトな印象と構成をもっているから、そのままでいいんではなかろうかとそう思いました。
いい感じになるといいですね。



やりたいからやっていると話しましたが、そりゃあもちろん、いくばくかその理由などもございます:)

けれどももう近頃、それを言葉にしても仕方がにゃいよーなそんなよーにゃ気がしているものですから。
だからこれからの展示も遊びにきてもらって、それがつづいていくうちに、ああこんな案配なのかと、そう感じてもらえるときがきたならば、それがたぶんひとつのこたえなんだと思います。

そのような次第で、どうぞよろしく。




strange words


「ロッキードも取材していたので検察リークに反論しますが、検察は情報をマスコミに直接話しません。まずこっちから検察に質問をぶつけるんです。その時の検察官の表情やニュアンスで判断するんです。そうでなければ記事には出来ません」

2010年1月10日放送のテレビ朝日番組「サンデープロジェクト」にて
著名ジャーナリストの発言より抜粋




とても不思議なことをおっしゃられるなあと、そう思いました。

これくらいにして、あとはもう、自分より見識の深い方々におまかせしようと思います。






植草一秀の『知られざる真実』

olieve! news

誰も通らない裏道

傍観者の独り言











about the government


今日は政治のお話を少しばかり。

まともにテレビを見なくなってから2年以上になります。

ひとつは場所をとるので片付けたこと。
もうひとつは特にこの一年、テレビがあまりにもでたらめなことを流すからです。

でたらめだけならまだしも、最近のことでは放送前にどうしてこんなに広まったのか とか、どうしてこのことについての報道がないのかとか、色々と腑に落ちないものですから、それでもう、まるで必要ないのです。


それで今日はなかなか面白いことがあったようで。
このことはもう、何日も前からネット上でずいぶん書かれていたのですが。
これをきっかけにいくらか変わるのであれば、考えを改めたいのですけれど、先ほど検索した限りでは HIT するのはblog の記事ばかりで、不思議なほどに報道機関からの記述がありませんでしたから、ああこれではやっぱり仕方がないなあと、そう思うのです。


それでとりあえず、もちろん今の政府にもいくつか思うところはあるのですけれど、少なくとも望むこととしては、なるべくこのままの陣容で、各々任期が満了するまで勤め上げてほしいものだと、そう思うのです。
それでその時に納得がいかなければ、望ましいと思うところに投票先を変えれば良いと。

どうしたって焦れるところがあるかもしれませんけれど、そのような国になれれば、それが一等良いではないかと、そう考えているのでした。






updated it


somebodyimage


そんなわけで 本サイト のイメージを更新。
もったいぶった感じにしてみました。


もう少し展開させたいけれど、今回はここまで。
また今度にしよう。


今年こそは進めたい。
とは、いつも思ってるんですけどね:)






it's complecated, a little bit.


う~ん。

そんなにむずかしいことをしたいわけでもないのだけれどなあ。



う~ん。




make a mistake :)


Kotoringo
official >> http://www.10do.jp/kotringo_new/index.php






多いみたい :)

ちょと面白かった。





returned my condition gradually


DSCN9940.jpg


昨日今日でようやく正月気分が抜けてきた。
今日の分はやりすぎた気もするけれど大丈夫みたいだから大丈夫みたいだ。

この調子。



はたらこう。
制作もしたいしね :)






got another account for my job


top.jpg



なんとなく、この頃もうひとつ欲しくなってきた。
ので、ざっくりつくりはじめました。

http://birdlocation.web.fc2.com/


まだ工事中。
とりあえずトップページのみ。

更新はぼちぼち。
適当にやります。


松も明けるから本サイトのトップも変えないと。
どうしようかなあ。








left something or came something


DSCN9932.jpg


閉店した銀座店のトイレはおいしそうな揚げ物のにおいがして微妙だったけれど、ウェンディーズはなかなか旨いと思ってた。

残念だけど、またね。




それでやりたいことを事情があってできない時に、そのくらいのことで可能になるのなら、それでともかくやってみれば良いじゃないかと思ったり。

したわけです。







I see.



なるほど。これならわかる。

とてもやわらかくてあたたかい。



届いたハガキを見て、そう思った。






take a time of a breath.


ひと呼吸、ってのはこれでいいんだろか。
まあいいや。


ともかく、トマトソースのスパゲティを食べるときにはとても慎重にならなければいけません。

なぜならば食べたあと制作中のパネルに戻ると、かがやくばかりの真っ白な紙の上にポツリとこびりついた赤い点が、ささやかながらもとっても素敵なアクセントになっていて、とてもとても大変なことになるからです。

あの時はおどろいたなあ。ずいぶん離れていたのになあ。
いや、存外遠くまで跳ねるものです。


いやそれはともかく。
焼き魚ばかりも飽きてきたので少し他のものも作りはじめたのです。
少しだけ。

それで作っているときに、なにもせずに放っておくのも良いのかなと、思ったりします。
チャーハンをガシガシかき混ぜず、とちゅうは強火でしばらくおいとくとベッチャリしないとか。
みそ汁も、できた後に2、3分でも放っておくとなんとなく味が落ちついて、少しまろやかになるような。


気のせいかも。
まあいいか。それでも。


まあそんな案配で、なにかつくる時や人とのやりとりで、どんどん進めたりぐいぐい関わってゆくこともとてもたいせつなんですが、なんだかそんな風に一息いれて、なんとなくやるものいいのかなあ。

とかなんとか、ぼんやり考えるこの頃なのでした。



と、思うほどにはゆかないけどね :)
なりゆきで。





one more





元は uochi toki の曲だそうで。
良くしゃべるなあ。






Home > 2010年01月


Search

Feeds
  • Recent Entries
  • Recent Comments
  • Recent Trackbacks

  • Setting


    無料blog

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。