Home > 2013年02月

2013年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

manifestation


今年もずいぶん冷えますね。
みなさまお元気でしょうか?

今年の年始は久々に数日のんびりできました。
ほんと久しぶり。
え? もう2月ですか。まあいいじゃないですか。

そういえば、先日、柴田高志さんの展示を拝見しました。
それまで、実作は1点しか見たことがなかったのですが。

今まで「ドローイング」と呼ばれるものや、鉛筆、ペン、モノクローム、といった技法、作品を見てきた中で、柴田さんの作品は、やはり特別だなあ、すごいなあと。
「顕われる」とは、こういうことなのだなあと、そんな、感銘を受けた作品展でした。

これからもさらにすばらしい画面と空間をつくりつづけてほしい、とても楽しみな作家です。
本当に、とても楽しみにしています。


なになに、感銘を受けた、という割にはあっさりしてる?
いつもの饒舌な感じはどうしたと?
いやあ、そうですね。

なんというか、その辺りは、私があれこれと言葉にするよりも、実際にご覧いただく方が良いのかな、と思います。
ものごとを言葉で表現するのはとても大切だと、私も思いますが。


以前見た黒沢明のインタビューの中で、こんな話がありました。

作品発表の会見などで「作品のテーマはなんですか?」とよく聞かれるけれど、それが一番困る。
テーマはすべて、映画の中に撮ってあるんだから。


もしもこのブログを読んで興味を持っていただけたなら、柴田さんのサイトを訪ねてみてください。
そしてもし可能であれば、写真だけではなく、実際の作品を、直に目にしてみてください。
そこに、柴田さんのすべてがあると、私はそう思います。

柴田高志ウェブサイト http://gorvaptica.com/


次の機会が本当に楽しみです。
そんな風に思っています。


まだまだ寒さが続くようですね。
どうぞあたたかくお過ごしください。

それではまた :)



Home > 2013年02月


Search

Feeds
  • Recent Entries
  • Recent Comments
  • Recent Trackbacks

  • Setting


    無料blog

    Page Top

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。